クレジットカードは怖いものなのか

クレジットカードは怖いものなのか

クレジットカードはカード加盟店でカード一枚出せば支払いを済ませる事が出来ます。


わざわざ紙幣や小銭を出す必要もなく手軽に支払う事が出来、しかもポイントが付いてくるので現金で払うよりもお得になります。


しかし、クレジットカードは便利であるけれども、怖い面もあるので注意はしなくてはならないです。
それではクレジットカードのどんな事が怖い事なのかを簡単に説明します。
まず、現金が不要でカード一枚で買い物が可能であるという事そのものであり、現金を用意する場合とは違ってカード一枚で支払いが済んでしまうために金銭感覚がマヒしやすいのです。



また、支払いの際にリボ払いや分割払いをすると手数料が発生しますが、特に気をつけなくてはならないのがリボ払いであり、毎月の支払いが一定額になる代わりに手数料がかなり高額になってしまう事もあるのです。
だからこそ安易に使用するのは確かに怖いものなのですが、その事を知った上できちんと扱えばそう心配するものでもないです。



まず、クレジットカードを使う際には安易に使い過ぎる事もなくきちんと明細書を確認したり、口座残高が無くならないようにお金の管理をしっかりとしていれば大丈夫です。



支払いに関してもリボ払いや分割払いだと手数料が発生するのであり、それならば手数料の発生しない一括払いやボーナス一括払いを選べば良いのです。リスクを知らずに使ってしまえば気が付いた時にはこうした問題に直面してしまう事も考えられますが、知っていて自分で気を付けられる人ならばまず平気なはずです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードは怖いものなのか All Rights Reserved.