クレジットカードを使う時に気をつけたいこと

クレジットカードを使う時に気をつけたいこと

クレジットカードでお金を借りる場合には、限度額がありますが、限度額以上に限ることも可能です。

何とか完済をすることで実績をつくっておけばよいからです。

半年間も実績を残ればクレジットカードでお金を借りるときの限度額が上昇してきます。

この時に調子にのってクレジットカードでお金を借り過ぎてはいけません。
限度額を高めたのは、それだけ金銭面での信頼が出てきたということですが、返済できる保証があるという意味ではありません。



ですが、クレジットカード会社が限度額を上げてくれることによって、もしかしたら自分も返済できるのではないかと勘違いしてしまいがちです。

ですので、必要以上に関与するのはやめましょう。
特に、給料以上の借り入れをすることはかなり無理があります。



ローンを組むということは、将来に対するお金の前借りという意味です。

将来に対する前借りをすることは、それだけ将来が安定していないといけないということです。

ですが、将来は何があるかわかりません。



今は返済が可能だと思っていても1カ月後や2カ月後には、もしかしたら入院してるかも知れないのです。

そういったリスクを考えると、仮にしても確実に返済が可能だといえるぐらいの額にとどめておくべきです。


もし、返済が3ヶ月ぐらい滞ってしまったらブラックリストに登録されてしまいます。

実際にブラックリストというものもありませんが、情報信用会社に情報が残ってしまい、5年から7年は借り入れをすることができなくなってしまいます。

Copyright (C) 2016 クレジットカードを使う時に気をつけたいこと All Rights Reserved.