クレジットカードの利用中に無職になったときの影響

クレジットカードの利用中に無職になったときの影響

クレジットカードを新規に作成する場合には、本人名義のカードであれば無職の人は支払い能力がないため審査に通らなくなります。
カードを発行して利用しているときに無職になってしまった場合について、即座に利用停止になることは基本的にありません。



まず、こちらから申告しなければカード会社は無職になったことを知ることができないので、そのまま使い続けることができます。



クレジットカードの更新の際も、通常は在籍確認まですることはないので気付かれることはありません。

ただし、無職になったことを黙っていて良いのかというと、規約上は属性に変化があった場合には情報を更新しなければならないため、もしも更新していないことがバレてしまった場合、規約違反として強制解約される可能性があることは知っておきましょう。
また、収入が途絶えているので支払いができなくなる可能性があります。
このときに債務整理で残債を減らそうとしても、無職であることを申告していなければカード会社から異議申し立てを受けて失敗する危険性があります。
正直に無職になったと情報を更新したときの影響について、これまでクレジットカードを利用して支払いの遅延などの問題を起こしていなければ使い続けることができます。



利用実績を重視しているため、無職になったからすぐに解約させられることはほとんどありません。
しかし、限度額を高くしている場合には引き下げられることがあります。また、カードの更新の際にも問題を起こしていたり、カードを全く利用していないということがない限り拒否されることは少ないです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの利用中に無職になったときの影響 All Rights Reserved.