クレジットカードの使いすぎに注意

クレジットカードの使いすぎに注意

クレジットカードは現金を所持する事なく買い物ができたり、支払いは後日でいいのに商品は即日で入手できるといったメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。

クレジットカードのデメリットとして最も顕著なものはクレジットカードを利用して買い物をすると思っていた以上にお金を使ってしまうようになることが多い点でしょう。



現金での支払いの場合財布からお金をだして商品を購入するので残金が減っていくことが視覚的に理解できますが、クレジットカードでの支払いの場合、財布の中の現金は減らないため自分の所持金が減っているという実感がわかない事がクレジットカードでの買い物でお金を使いすぎてしまう原因であると考えられます。



このデメリットも一回払いのみで支払いを済ませている場合は大きな損失になる事はほとんどありませんが、支払方法に分割払いやリボ払いを利用している場合は使用金額が気づかないうちにとんでもない額になっているという事も十分あり得ます。

分割払いの場合は月々の返済額が少ない場合、まだ支払えるから別の商品を分割払いで購入しても問題ないと考えてしまい、いくつも商品を買ってしまうというパターンが多いです。


油断していると使用金額が最も増えてしまう可能性が高いのがリボ払いでの支払いです。リボ払いの場合、月々の支払額が定額か定率になるため、例えば月々の支払額を1万円にしている場合、総額でもの凄い額の商品群を購入していても気づかないケースが多いため注意が必要です。



Copyright (C) 2016 クレジットカードの使いすぎに注意 All Rights Reserved.